2018.4.30 イワト開き成る

2018.4.30  イワト開き成る

来年の今日は元号が「平成」から新たなものに変わります。「天下泰平」で有名な滝沢泰平さんのメールマガジンを読んでビックリしたのです。そこには以下のことが書かれていたのです。

一、八、十で構成される「平」は「一八十(いわと)=岩戸」であり、「岩戸開きが成る=完成」が平成に込められた言霊です。残り1年で、数万年来の大きな神仕掛けが完成します。日本は世界の雛形、日本の天皇家もまた、世界の支配の中心を握っており、日本の天皇家が大きく変化する時は、世界の王族も大きく変化します。・・中略・・そして、日本の天皇家と古代ユダヤの繋がりも決して無視できないもの。古代ユダヤの三種の神器。日本の天皇家の三種の神器。神社もまた古代ユダヤの流れであり、古神道と古代ユダヤ教は深い繋がりがありますが、神道そのものは、キリスト教との繋がりもあり、それらが今すべて1つにまとまろうとしています。現皇太子、次期天皇の時代にすべてが完結すると言われており、イスラエル、エルサレムと日本の関わりは極めて重要にもなっています。

「数万年にもわたる神仕掛け」とは何なのでしょう。日月神事にも同じようなことが書かれていたように思いますが、どのような体験が待っているのかワクワクしています。