2016.9.26 どうなる米大統領選挙

2016.9.26  どうなる米大統領選挙
明日、アメリカ大統領選挙前の第一回テレビ討論が行われます。藤井厳喜氏はこれまでの大統領選挙とは違う構図があると指摘しています。国際金融機関などの勢力が世界統一政府を目指し、その勢力をバックにしたヒラリー候補と、アメリカ国民の不満層を強いアメリカを取り戻すというナショナリズムの動きに後押しされたトランプ候補という構図です。経済評論家の副島隆彦氏はマスコミの予想とは異なるトランプ優位といっています。また、17歳で他界し、今も母親とのテレパシー交信で地球にメッセージを送り続けているマシュー君(写真)はエネルギーの流れからはヒラリーでなくサンダース氏に動いていると伝えてきています。確かにヒラリー候補のメール問題等は支援勢力がもみ消したようですが、ここに来てヒラリー候補の健康状態がかなり良くないという情報が漏れだしてきています。世界とりわけ我が国にも多大な影響がある大統領選挙がフェアに行われることを望むばかりです。