2016.9.19 スポーツクライミングと山の浄化

2016.9.19  スポーツクライミングと山の浄化
2020年東京オリンピックの追加種目に決まったスポーツクライミング(ボルダリング)ですが、一昨日行われた世界大会で楢崎智亜選手が初優勝しました。これでさらに人気が高まり愛好する人が増加するものと思われます。10/1に行われる「第四回あ・うん塾」のミーティングに参加した時に出た話題で、ロッククライミングの有名な場所や有名な山の登山者が泊まる山小屋などでは利用する人の糞尿処理に頭を悩ませているとのこと。金峰山の管理をされている方が、柳田ファームの「あ・うんユニット」を見学に来られ、臭いを出さず、汚泥も出さず、しかもそこから出る液肥は山の生態系に活力を与えるという願ってもないシステムと納得され、導入の方向で動き出されたようです。今は、ソーラーに高性能蓄電池も実用のレベルにあるので、雨水や谷川の水をうまく利用すれば人里離れた山奥でも「あ・うんユニット」の設置が可能ですので、ぜひ成功され日本の清浄で神聖な山々を守る必須アイテムとして利用してほしいものです。