2015.9.28 イティハーサ(歴史)

2015.9.28  イティハーサ(歴史)
ある人のブログで水樹和佳子著の「イティハーサ」というマンガが紹介されていて面白そうなので読んでみた。舞台設定は12000年前頃「ムー」と「アトランティス」が海に沈んだ後、その末裔達が神代の時代に日本で繰り広げる叙事詩といえる物語ですが、一気に読んでしまう面白さだ。漫画家の多くはいわゆる天と通じてイマジネーションと構想が得られるのではないかと思わざるを得ない。この水樹和佳子さんの他にも手塚治虫、美内すずえ、ジブリ、GAINAXなどの作品もこの種のヒラメキを感じます。神々のことやなぜ人が存在するのかなどに関心のある方にはお勧めです。