2015.7.20 夢の扉+ 高野誠鮮さん

2015.7.20 夢の扉+ 高野誠鮮さん
昨日のTV「夢の扉+」でスーパー公務員「高野誠鮮(じょうせん)」さんのことが再放送されていた。高野さんは石川県羽咋(はくい)市生まれで、日蓮宗の僧侶、科学ジャーナリスト、大学講師のキャリアを持つ羽咋市役所の公務員である。若い人が減少する限界集落であった羽咋市を数々のアイディアと行動力で町を蘇らせたのです。例えば、10Haくらいの見事な棚田で栽培されるおいしいコシヒカリを「神子米」とネーミングし、ローマ法王に献上しブランド米としてパリの三ツ星店に採用されたり、古文書からヒントを受け、NASAやロシアに掛け合い、宇宙探索の博物館をつくりUFOの町として全国区にしたり、いままた木村秋則さんの自然栽培に感銘を受け、なんと化学肥料と農薬の総元締めでもある農協(JA)の幹部を説得し協力を得られ、未来の子供と地球に安心な農作物つくりの研修所で多くの若い農業者を育て、これまた自然栽培の農作物つくりで全国区に名乗りを上げ、国際金融資本が仕掛けるTPPによる毒の塊といっても良い農作物に歯止めをかけようと活躍されている。