2015.11.16 ガンの未然防止

2015.11.16 ガンの未然防止

加齢が進むと友人・知人にガンにかかる人が増えてきます。私に相談された時は治癒率の高いお医者さんのホームページや書籍を紹介し基本的な生命観やガンの原因をつかんでご自身の対処法をお決めになることをお勧めしています。私が参考にしてご紹介している三人のお医者さんは石原結実医師(写真)、横内正典医師、丸山修寛医師です。基本は体内の循環(摂取⇒吸収⇒排泄)がバランス良くかつ滞りないかをチェックし、①血液が汚れていないか?②体温が36.9℃前後か?③免疫機能を阻害する室内環境はないか?を押さえます。まずは血液を綺麗にするとされる食事や水を摂取し、カッピングなどの物理療法或いは特定周波数のマイナス電子によるAWG療法などはお勧めです。意外と知らない人が多く横内医師や丸山医師が注意するのは電磁波の問題です。詳細は両医師のホームページや書籍で理解を深めていただければ良いのですが、家庭内の電気配線・コンセント・電気器具・携帯電話などから出る電磁波が免疫力を乱し、ガンを進行させる要因になっていることを知らないためその対策をしない人が多いのが現実です。ガンを始め老化に伴う疾病の未然防止として参考になれば幸いです。