2015.1.13 マックショック?

2015.1.13   マックショック?
ハンバーガーで有名なマクドナルドは昨年、チキンナゲットに中国の腐った鶏肉を使っていた問題、またいろいろな異物が混入していた問題などで信用を落としています。今度は本場アメリカでマクドナルドを含めた全米チェーン7社のチーズハンバーガーをガラスビンに入れ、30日間放置する実験が行なわれました。日本でもマクドナルドのハンバーガーは腐らないことはかなり知れ渡っていますが、この実験でもカビの発生や腐敗が生じなかったのはダントツでマクドナルドのチーズバーガー(写真)でした。わが国でも加工食品にはPH調整剤などで表示される防腐剤が使われていますが、「直ちに健康に影響はない」とはいえ長期的の摂取は認知症やガンなどの発生の引き金になっているという懸念はぬぐいきれません。やはり自然の摂理に反する行為はしっぺ返しとなって自分の身に返ってくるのは間違いないようです。