2014.6.2 ごぼう茶の効用

2014.6.2   ごぼう茶の効用
ゴボウは昔から漢方生薬として種子・葉・根が使われ糖尿病、便秘、むくみ、食中毒、のどの痛みの緩和などに使われていました。数年前からごぼう茶がブームになりましたが、それは若返りとダイエットに効果があるとして、南雲吉則医師が広めたことが大きいようです。南雲医師は健康と若さの維持にいくつかの健康法を説いていますが、そのメインのものが少食(夕食1回のみ)とごぼう茶の常飲をあげています。私も市販のごぼう茶を一週間ほど前から飲むようになりましたが、体内の老廃物を体外に出してくれる力があるような気がします。それほど高価なものでなく、自分でも作れるお茶ですのでお勧めの一品です。