2014.4.21 複合発酵 あ・うんの会 発会式

2014.4.21  複合発酵 あ・うんの会 発会式

19日(土)埼玉県日高市の柳田ファームにて「複合発酵 あ・うんの会」の発会式が行なわれました。私たちは西洋型科学文明を推し進めた結果、地球を汚してしまいましたが、この環境問題・水資源問題・食料問題などの解決になる複合発酵を用いて循環型社会を普及して行こうという志を持った60人近くの人が発会式に集まりました。「あ・うんユニット」を導入して農業を営む北海道の三浦さん、家庭菜園に導入した岐阜の西村さんからの実践例の発表で農作物の収量や生育に良いばかりでなく、河川が綺麗になってきているなどこの複合発酵の技術が「ほんもの」であること、また玉蔵さんから資本主義の崩壊と今後のあり方、小児科医の橋本先生から福島県で起きている医療の現実などのお話に、高嶋康豪博士の微生物に関する基調講演がありました。参加した方々はこの世の命を生み出し、支えてくれている微生物さんについて改めて目を開かされたとともに、「単発酵」「復発酵」「並行復発酵」「平衡復発酵」「固形発酵」そして「複合発酵」のことをさらに理解して農業や生活に活用できるレベルに高めて実践をしていこうと決意を新たにしたのです。