2014.3.24 画期的な発明①

2014.3.24 画期的な発明①

以前にも取り上げた電子工学や栄養学の博士号はじめ多方面にわたる学識をお持ちの増川いづみ博士が共同で単極磁石によるモーターの開発と太陽光の一点集中による膨大な熱エネルギーの取りだしに成功したようです。これは滝沢泰平さんとの対談の中で明らかにしたもので、実用化が進めば各家庭で無限に電気エネルギーを使える時代が到来したことを意味します。もう危険で人類の手に負えない原子力や火力・水力はたまたソーラーや風力・地熱などを利用する自然エネルギーに頼らなくても良い時代になるのです。ただこのような画期的な発明も既存のエネルギーグループからどのように移行させるかが難しいのです。過去の歴史を見ても時代を変える発明・発見は既得権勢力から潰され抹殺されてきたことが多いからです。多くの人がこの事実を知って、この技術を守りながらスムーズに世に出していかなければなりません。