2013.9.9 抜本的な放射能事故対策を望む

2013.9.9  抜本的な放射能事故対策を望む

昨日のIOC総会で2020年のオリンピック開催が東京に決まりました。安倍総理はこのプレゼンテーションで福島事故は全く問題にならないと言い切りました。それならば英知を集めて全世界が納得する技術で事故を一日も早く収束させて欲しいものです。例えば、立命館大の山田廣成教授(写真:放射光工学・加速器専門)が提唱していた「鉛で汚染水を発生させず、放射線も低下させる方法」や以前にも紹介した土壌を剥ぎ取る除染法でなく高嶋康豪博士が実証している「微生物の複合発酵による浄化法」などは有力な技術で、全世界に呼びかければいろいろな技術が提案されるに違いありません。いまのやり方では「汚染水」「汚染土壌」がたまる一方でその処分方法に目処がたっていないのです。この状態で次の大型地震や火山噴火が重なったらもう取り返しがつかないことになります。