2013.10.15 恵 隆之介著「中国が沖縄を奪う日」

2013.10.15  恵 隆之介著「中国が沖縄を奪う日」

国として自立する、国を守るにはどうすべきか考えさせる本です。現実は強国が世界を支配する・属国化するという覇権主義の国が圧倒的に多いです。恵隆之介拓大客員教授の書かれた「中国が沖縄を奪う日」(写真)を読むと、隣国の中国が長期計画で物理面・心理面・世論面・法律面で尖閣諸島を手始めに沖縄を中国のものとするために動いていることが良くわかります。わが国は歴史的に情報収集や情報発信が不得手なところがあり正に今、外交や国を守ることについてどうあるべきか、どうすべきか国民の見識を高め議論する必要があるようです。