2012.7.16 今野 時雄さんの「自然農」

2012.7.16   今野 時雄さんの「自然農」

埼玉県比企郡小川町で「自然農」をしている今野時雄さんのところで一日「自然農」体験をしてきました。「自然農」とは化学肥料や農薬を使わないだけでなく、田畑を耕さない「不耕起」と草を活かす「草生」の農業手法です。写真はいわゆる雑草の中にナスが育っている状況です。今回は田に稲を一本植えしていく体験だったのですが、いままでの代掻きをして水を張った田んぼに植えていくイメージと異なり、麦の収穫が終わった畑に近い田んぼに小さな穴を掘り、そこに稲の苗を植えてゆき、植え終わったところに水を張るのです。この田んぼには虫が多く、ツバメが今野さんの田んぼに集中して何羽も舞っているのが印象的でした。作業後この農法で収穫された大豆やお豆腐、全粒粉のうどんなどご馳走になったのですが、これが本来の味だと納得できる美味しさなのです。今野さんのお話で印象に残ったことは①自然は見事に調和されるようにできている②雑草や虫を敵と思うな③田畑に何も入れない、何もとらないという言葉でした。