2012.11.12 ドライウォーラー①

2012.11.12  ドライウォーラー①

先週1週間、神奈川県藤沢市で住宅の「ホタテ漆喰」の施工をドライウォーラーの方にお願いしました。ドライウォーラーとは北米で主流の天井・壁の塗装施工方法を習得した方です。日本の塗装屋さんとの施工の違いは使用材料と施工方法の標準化が徹底されていることと、さまざまな道具による機械化がすすんでいることです。例えば、①石膏ボードのつなぎ部分もわが国で多用されるVカット型でなく、カット部分の傾斜がゆるやかで幅広のテーパー型ボードを使う(今回はVカットのボードでした)、②パテも自然素材で自然乾燥で乾かす、③ファイバーテープでなくドライウォールテープという紙テープを使う(写真)などで、気密性・堅牢性・耐火性が優れているとのことです。凹凸の多い住宅でしたので手間がかかる施工でしたが、丁寧で非常に気持ちの良いドライウォーラーさんでしたのでありがたかったです。